HOME >  施設基準 >  基本診療料の施設基準等 >  第八 入院基本料等加算の施設基準等 >  三十五の九 精神科急性期医師配置加算の施設基準

三十五の九 精神科急性期医師配置加算の施設基準

三十五の九 精神科急性期医師配置加算の施設基準

三十五の九 精神科急性期医師配置加算の施設基準

(1) 当該病棟において、常勤の医師は、当該病棟の入院患者の数が十六又はその端数を増すごとに一以上配置されていること。

(2) 以下のいずれかに該当する精神病棟であること。
イ 次のいずれも満たしていること。
① 精神病棟入院基本料(十対一入院基本料又は十三対一入院基本料に限る。)又は特定機能病院入院基本料を算定する精神病棟(七対一入院基本料、十対一入院基本料又は十三対一入院基本料に限る。)であること。
② 精神障害者であって身体疾患を有する患者に対する急性期治療を行うにつき十分な体制を有する保険医療機関の精神病棟であること。
ロ 次のいずれも満たしていること。
① 精神科救急医療に係る実績を相当程度有する保険医療機関であること。
② 精神科急性期治療病棟入院料1を算定する精神病棟であること。


施設基準通知

[通知]第26の8 精神科急性期医師配置加算


点数告示

A249 精神科急性期医師配置加算


コメントを残す