HOME >  留意事項通知 >  別添1 医科診療報酬点数表に関する事項 >  [留意]第1章 基本診療料 >  [留意]第2部 入院料等 >  [留意]第2節 入院基本料等加算 >  [留意]A245 データ提出加算

[留意]A245 データ提出加算

[留意]A245 データ提出加算

A245 データ提出加算

(1) 厚生労働省が実施する「DPC導入の影響評価に係る調査」(以下「DPC調査」という。)に準拠したデータ(以下「DPCデータという。)が正確に作成及び継続して提出されることを評価したものである。
提出されたデータについては、個別患者を特定できないように集計した後、医療機関毎に公開されるものである。また、入院医療を担う保険医療機関の機能や役割を適切に分析・評価するため、中央社会保険医療協議会の要請により適宜活用されるものである。

(2) 当該加算は、データ提出の実績が認められた保険医療機関において、DPCデータ作成対象病棟(以下「対象病棟」という。)に入院している患者について、入院中に1回に限り算定する。算定は原則として退院時とする。なお、ここでいう入院中とは第2部通則5に規定する入院期間中の入院(以下同じ。)のことをいい、入院期間が通算される再入院の場合には算定できない。

(3) DPC対象病院において、入院中に診断群分類点数表による支払を受けたことのある患者については、機能評価係数Ⅰで評価されているため当該加算は別途算定できない。

(4) データの提出(データの再照会に係る提出も含む。)に遅延等が認められた場合は、当該月の翌々月について、当該加算は算定できない。なお、遅延等とは、DPC調査実施説明資料(以下「調査実施説明資料」という。)に定められた期限までに当該医療機関のデータがDPC調査事務局宛てに発送されていない場合(提出時刻が確認できない手段等、調査実施説明資料にて定められた方法以外の方法で送付された場合を含む。)、到着したデータが提出すべきものと異なる内容のものであった場合(データが格納されていない空の媒体が送付された場合を含む。)をいう。

(5) データの作成は月単位で行うものとし、作成されたデータには月の初日から末日までの診療に係るデータが全て含まれていなければならない。

(6) (2)の対象病棟とは、第1節の入院基本料(区分番号「A108」有床診療所入院基本料及び区分番号「A109」有床診療所療養病床入院基本料を除く。)、第3節の特定入院料及び第4節の短期滞在手術等基本料(区分番号「A400」の1短期滞在手術等基本料1を除く。)を算定する病棟をいう。

(7) (2)の「データ提出の実績が認められた保険医療機関」とは、DPCデータの提出が、厚生労働省において確認され、その旨厚生労働省保険局医療課より通知された保険医療機関をいう。

(8) データ提出加算1は、入院患者に係るデータを提出した場合に算定できるものとし、データ提出加算2は、入院患者に係るデータに加え、外来患者に係るデータを提出した場合に算定することができる。


点数告示

A245 データ提出加算


コメントを残す