HOME >  留意事項通知 >  別添1 医科診療報酬点数表に関する事項 >  [留意]第2章 特掲診療料 >  [留意]第3部 検査 >  [留意]第1節 検体検査料 >  [留意]第1款 検体検査実施料 >  [留意]D006-3 Major BCR-ABL1

[留意]D006-3 Major BCR-ABL1

[留意]D006-3 Major BCR-ABL1

D006-3 Major BCR-ABL1

(1) 「1」のmRNA定量(国際標準値)については、リアルタイムRT-PCR法により測定した場合に限り算定できる。

(2) 「2」のmRNA定量(1以外のもの)は、TMA法により測定した場合に限り算定できる。

(3) FIP1L1-PDGFRα融合遺伝子検査
ア FIP1L1-PDGFRα融合遺伝子検査は、区分番号「D006-2」造血器腫瘍遺伝子検査及び区分番号「D006-3」Major BCR-ABL1の「2」mRNA定量(1以外のもの)の所定点数を合算した点数を準用して算定する。
イ 本検査は、二次性好酸球増加症を除外した上で、慢性好酸球性白血病又は好酸球増多症候群と診断した患者において、治療方針の決定を目的としてFISH法により測定した場合に、原則として1回に限り算定できる。ただし、臨床症状・検査所見等の変化を踏まえ、治療法を選択する必要があり、本検査を再度実施した場合にも算定できる。
ウ 本検査を算定するに当たっては、本検査を必要と判断した理由、検査結果、診断名、選択した治療法及び本検査を再度実施した場合にはその理由を診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。


コメントを残す