HOME >  留意事項通知 >  別添1 医科診療報酬点数表に関する事項 >  [留意]第2章 特掲診療料 >  [留意]第10部 手術 >  [留意]第1節 手術料 >  [留意]第2款 筋骨格系・四肢・体幹 >  [留意]K144 体外式脊椎固定術

[留意]K144 体外式脊椎固定術

[留意]K144 体外式脊椎固定術

K144 体外式脊椎固定術

(1) 体外式脊椎固定術は、ハローペルビック牽引装置、ハローベスト等の器械・器具を使用して脊椎の整復固定を行った場合に算定する。この場合において、当該器械・器具の費用
第10胸椎
第11胸椎
第12胸椎
後方固定術を実施
後方固定術を実施
椎弓切除を実施
例1
第10胸椎
第11胸椎
第12胸椎
後方固定術を実施
後方固定術を実施
例2 椎弓切除を実施
第9胸椎
は所定点数に含まれる。

(2) ベスト式の器械・器具に用いられるベスト部分は、その患者のみの使用で消耗する程度のものに限り副木として算定できる。


点数告示

K144 体外式脊椎固定術


コメントを残す