HOME >  留意事項通知 >  別添1 医科診療報酬点数表に関する事項 >  [留意]第2章 特掲診療料 >  [留意]第10部 手術 >  [留意]第1節 手術料 >  [留意]第8款 心・脈管 >  [留意]K600 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)

[留意]K600 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)

[留意]K600 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)

K600 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)

(1) ガスの価格は別に算定できない。

(2) 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)、区分番号「K601」人工心肺、区分番号「K602」経皮的心肺補助法又は区分番号「K603」補助人工心臓又は補助循環用ポンプカテーテルによる経皮的補助循環を併施した場合においては、1日ごとに主たるもののみにより算定する。また、これらつの開心術補助手段等と冠動脈、大動脈バイパス移植術等の他手術を併施した場合は、当該手術の所定点数を別に算定できる。

(3) 補助循環用ポンプカテーテルにより経皮的補助循環を行った場合は、初日(1日につき)は区分番号「K602」経皮的心肺補助法の「1」の所定点数により算定し、2日目以降は区分番号「K600」の「2」の所定点数に準じて算定する。


点数告示

K600 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)


コメントを残す