HOME >  通知 >  「療担規則及び薬担規則並びに療担基準に基づき厚生労働大臣が定める掲示事項等」及び「保険外併用療養費に係る厚生労働大臣が定める医薬品等」の実施上の留意事項について >  第2 明細書を交付しなければならない保険医療機関(掲示事項告示第1の5及び第1の6関係)

第2 明細書を交付しなければならない保険医療機関(掲示事項告示第1の5及び第1の6関係)

第2 明細書を交付しなければならない保険医療機関(掲示事項告示第1の5及び第1の6関係)

1 領収証を交付するときは、正当な理由がない限り、個別の診療報酬点数の算定項目(投薬等に係る薬剤又は特定保険医療材料の名称を含む。)が分かる明細書を無償で交付しなければならない保険医療機関として、電子情報処理組織の使用による請求又は光ディスク等を用いた請求により療養の給付費等の請求を行うことが義務付けられた保険医療機関を定めたものであること。

2 明細書の発行に当たっては、「医療費の内容の分かる領収証及び個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書の交付について」によるものであること。

LINEで送る
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す